瞑想の段階

初心者の瞑想から高度なものまで、網羅します。不安障害やパニック障害、薬物による不安を下げる瞑想もあります。

瞑想の段階 イメージ画像

2020年02月

 私は大阪の瞑想の達人です。今回は、段階14『動物』を説明します。ここは全体的な認識を得る最高の段階です。これ以降は、部分的な見地しかもてません。発達心理表テーマ - 動物 段階13では、「植物」という動かないものに興味をもちました。ここでは動く生き物に関心をも
『#瞑想段階14 - 動物』の画像

 私は大阪の瞑想の達人です。今回は、段階13『植物』を説明します。発達心理表テーマ - 植物 段階12では、「物体」、存在する事物をとらえました。今度は、生物全般に興味をもちます。特に、植物に関心がうつります。動く生き物(動物)は関心の外です。 生きている植物です
『#瞑想段階13 - 植物』の画像

 私は大阪の瞑想の達人です。今回は、段階12『固体』を説明します。発達心理表テーマ - 固体 段階11では、何もない空間に「気体」を感じました。物体の周りの空いているところの「空気感」を感じ、後半では「気体」を操作する方法を学びました。今度は、「空気」には見向き
『#瞑想段階12 - 固体』の画像

 私は大阪の瞑想の達人です。今回は、段階11『気体』を説明します。仏陀は35歳で悟りました。35歳で、彼の発達心理上のテーマはここでした。この段階を知ると、仏陀の悟った時に感じたものを推測できます。発達心理表テーマ - 気体 段階11の課題は「気体」です。 この段階
『#瞑想段階11 - 気体』の画像

私は大阪の瞑想の達人です。今回は、管を説明します。11月に大幅に修正しました。これで使えると思います。 管とは何でしょう? 瞑想でいろんなことをする時、壁を刺激します。刺激する壁の位置によって、できることが違います。実は、視界の右上、右下、左上、左下を刺激
『管とは』の画像

↑このページのトップヘ