私は大阪の瞑想の達人です。超能力や霊感を会得したい人は解離を訓練しましょう。偉大な精神を身に着けたいなら、段階のテーマと実践を学びましょう。 今日は、段階8 面を説明します。

 

発達心理表
stage10_20201031
 仏教では
 段階8は無色界の4番目です。その末期に、非想非非想処の境地を体験します。無色界では想念だけがあります。

 テーマ - 面
 面とは2次元の世界です。瞑想者はここに到達すると写真、テレビ、映像など平面の絵をリアルに感じられます。2次元の認知がテーマです。今までみえていた3次元の景色は飽きます。2次元のもの、絵や映像だけが活気あるものにかわり、強い関心をもちます。

 この段階では、空間や一つずつのものがやや縮小したように感じられます。白い透明な枠に囲まれて見えるため、やや小さく感じます。

 前半で彼は写真、写真、ビデオの理論を学びます。 後半で彼は絵を描いたり映画を作ること、実践に関心をもちます。

 段階8 詳細
 前半で彼は面(絵や映像)を認識するこつを理解します。後半では、絵を描く方法を身につけます。この段階で、テーマは知性、運動、法律、社会、空間の順に変化します。

前半 - 面の理論を認識する
1、住居絵図
2、モーション、人間の映画
3、道路、交通、飛行機のルート図
4、町、都市の写真
5、生活空間、生態系イメージ、

後半 - 実践する。絵を書き、映像をかく。
1、住居、家、建物
2、物を動かす、映画
3、ネットワーク、道路、ルート、
4、市の絵地図
5、自然地図画像イラスト

 段階8に到達する
 段階7では空間を観察します。 その末期に彼は宇宙があらゆる物体の影響を感じます(無処有処の状態で目を開けるときの景色)。彼の内なる世界は暗くなります。 それが最後のポイントです。 それを過ぎると、明るくなります。 彼は目を開けると写真、テレビ、写真だけがアクティブに見えることに気づきます。 これがステージ8の始まりです。

 瞑想の方法
 段階8では、瞑想者は写真、テレビ、映画に興味をもちます。瞑想した後はそれらを観察して、知見を得ることが重要です。後半では、瞑想の合間に絵を描きましょう。映画を作ってもよいです。そのようにして、彼は段階8の課題を理解します。

 瞑想中の見え方
 目を閉じていると何が見えるでしょうか。前方に黒い闇の中です。その真中に四角い白い壁が見えます。上や横から見ると、その四角の壁は奥行きがなく、薄っぺらいです。小段階1-5ごとにその白い四角の中に見えるものが変わります。この順です。生理的欲求→五感→知覚→運動→理性です。

 小段階6からは、白い四角の壁の向こう、黒い闇の突き当たりに、「仏」が黄色く見えます。「仏」は解離した時に見える自分の守護霊です。彼は天国にいます。白い四角の中は、小段階6-10のテーマが順に見えます。実践の生理的欲求→五感→知覚→運動→理性です。

 末期に黒くなります。それが長く感じられます。明るくなったら、その段階を過ぎています。

 発達心理学25-27歳のテーマ
 人は1段階を3年かけて通過します。段階8は25〜27歳の発達課題と同じです。 25歳で写真やテレビ、映画に興味を持ちはじめます。 彼は26.5歳でを描きます。

段階8の哲学は10次元の精神と同じです。神や霊界の王などがいる段階です。この哲学を持つ人間は50-200万人に1人います。

 非想非非想処
 無色界の第四天。わずかに粗雑な煩悩が残ることが「非想」で、微細な煩悩が残ることが「非非想」です。有頂天ともいいます。英語では、「Neither existence nor Non-exsitence」と想いがあるようなないような境地です。
 無色界は段階の末期です。その時、目を開けると、すべての物体が透明な額縁の絵になったように見えます。それが無限に見えます。まず、視界全体が一つの枠の絵です。その中のもの全てが、透明な額縁の中の絵になってみえます。目をあけると、すぐにわかります。

 解離の方法
 解離は前半と後半があります。前半は白く見えます。後半は黒く見えます。

 前半の解離をすると、面、絵、映像など二次元の認知ができなくなります。これをすると、写真や絵、映像が原因のトラウマは軽減されるでしょう。

 後半の解離をすると、謎の分身を動かせます。彼は瞬間移動ができます。彼は、何をしているかは、今のところ、不明です。

 練習 誘導瞑想
 次の言葉を考える。 「日本製の力で、******を体験させてください。どうぞ。」 そして、瞑想しよう。誘導瞑想を体験できる。***には下記の数字か瞑想したいものの名を入れる。

このブログをネットで見た当日のみ、体験できる。1回につき3-5分。時間を2時間まで指定できる。やめたいと思うとすぐに終わる。例外もある。

1〜10, 各小段階、各テーマ

この瞑想中に、彼はこのYouTubeを見ましょう。
能勢電鉄 多田

 この段階の人はこの動画、またはテレビと絵だけが活気があることに気付くでしょう。他のものは灰色に感じられます。なぜなら、彼は空間(3次元)に関心がないからです。

11、段階7の終わりから8に到達する
12、非想非非想処
13、解離の前半 -面の認識が停止する
14、解離の後半-この分身は何をしているでしょうか。

できたら、自分の力で試してみましょう。

では、また。

2020/11/2 添削