瞑想で解離すると超人的な能力が身につきます。解離は神経伝達をブロックします。それは人間が本来持っている能力です。精神病患者はそれを制御できません。しかし、瞑想者は意識的にそれを行います。

 解離には前半と後半の2タイプがあります。
1、前半 - 認知と感覚
2、後半 - 運動神経

 感覚・認知の解離
 段階のはじめに体験できます。認識と感覚を失います。すると、例えば痛みが小さくなります。

 運動の解離
 運動神経が停止します。ここで奇妙なことが起こります。金縛りで体が動かないような状態に陥ります。すると、不思議なことに多くの目に見えない体を制御することができるようになります。それによって、超能力が得られます。

 今回は、段階8まで説明します。

 前半の解離
段階 - 機能停止するもの - 能力
1、内的感覚(生理的欲求に耐えられる、不安を失う)
2、5感覚(痛みを軽減するなど)
3、知覚(トラブルの解消)
4、動き(手と足のバインド)
5、理由(トラブルをなくす)
6、社会(怒りを失う)
7、スペース(地理的不安を軽減)
8、表面

  後半の解離
段階 - 使えるようになる体  - 能力
1、体1(体から出ません)
2、体2(歩き回る。その光景を見る聞ける。体内を見れる)
3、体3(一瞬で遠くに行きます。その光景を見る聞けます)
4、体4(過去と未来に行く。あなたはその光景を見ることができる、)
5、アストラル体(幽体) (浮く、瞬間移動できる)
6、夢の体(夢を自分か他人のを見れる)
7、地上の霊(自分の体、もの、幽霊)
8、守護霊(天国にいます。)

 説明
段階1-脳内を見ることができません。
段階2-彼は自分の心を観察できます。
段階3-彼はどこでも遠くを見ることができます。劣った霊魂
段階4-彼は過去と未来を見ます。
段階5-幽体離脱ができます
段階6-夢を自由に見られます。
段階7-地上の霊を見て、聞けます。
段階8-天国の守護霊を見て、話せます。他人の守護霊をみつけられると、空に天国の霊達を見つけられます。

 練習
 上に同じです。
 あなたは何でもできます。例。

1-10、各開始段階解離
11-21、各中間段階の解離
22、ゴースト
23、ガイド精神-次に、詳細に説明します。

 これで解離した時、もしくは段階の後半でみえるものがわかりました。