私は大阪の瞑想の達人です。 瞑想者は目を閉じます。そして、心の目で何かを見ます。ほとんどの人は瞑想中、心の中にいます。心のことを「心の空間」、もしくは「瞑想空間(マインドスペース)」と呼ぶことにします。今回、そこがどういう空間で、何があるかを明らかにします。

 瞑想に慣れます。目をつぶると、心の中にいます。そこで考え、感情を探り、段階のテーマを感じます。あなたは心のどこにいるのでしょうか? 瞑想で五感を感じ、段階をあげる、透視する、仏を見るなどはどのようにするとよいでしょうか。それには頭の中のどこに行くと体験できるかを知らなくてはいけません。その頭の中の地図を、これから説明します。

心の中
stupa_total_name_j2
 仏教では頭の中に卒塔婆があります。ブッダの骨を入れたのが卒塔婆です。寺院に石で作られた卒塔婆がたくさんあります。庭の灯籠も卒塔婆のようです。東南アジアの寺院は卒塔婆の形をしています。なぜ、この形なのか。そういう古い知識は日本になく、受け継がれているのはチベットくらいです。卒塔婆は瞑想で感じる脳内そのものです。

卒塔婆とは何か
 カーラチャクラ曼荼羅は卒塔婆の断面図です。段階のテーマを感じるには課題エリアに入ります。チャクラを感じるには瞑想のエリアから後ろに下がります。瞑想中に卒塔婆の中を動き回ると、仏教の世界が開けます。これをまずは覚えましょう。

 この外に出ることもできます。が、仏教瞑想のほとんどは卒塔婆の中で体験できます。それ以外のもの、体内の経路を探索する時にそれは役立つでしょう。

卒塔婆の各部位
 私は研究してつきとめました。世界初でここに公開します。瞑想ではこの卒塔婆の中を動き回り、いろんな体験をします。卒塔婆とは瞑想で使う頭の中です。卒塔婆は瞑想者にとって脳内地図です。

A, 段階エリア
B, 課題エリア
D, 記憶のエリア
E, 視覚エリア
F, 肉体のエリア

A, 段階エリア
 個々はしたから見上げると、真ん中に前後に走るラインがあります。そこは現在の段階です。この前のほうを刺激すると、段階が前に進みます。この後ろのほうを刺激すると、段階が後ろに進みます。

B, 課題エリア
 part_theme
ここで、段階のテーマを感じます。仏などは見やすいです。

C, 瞑想空間
Mind_space_dark
目をつぶると、ここの中に入ります。ここから、好きな部位に入ります。実際は暗い色です。詳しい説明はここです。

D, 記憶のエリア
rikudo_A
 図は体験できるものの一例です。円盤の形をしています。ここに入ると暗いです。記憶がここで14段階のテーマごとに分類されています。記憶にアクセスできる場所です。六道輪廻や臨死時に人生を思い出す走馬灯と自分の過ちを見直す最後の審判などが体験できます。この中を進むと、胸の円を回ります。

E, 視覚エリア
 ここで視覚が四方の壁に映ります。ここに入ると、透視したものがくっきりみえます。

F, 肉体のエリア
 ここは肉体が箱の中に詰まっている感じです。位置によって、感じられる肉体の部位が異なります。正面は顔、お腹です。後ろは背中、後頭部などです。

まとめ
 心の中に卒塔婆があります。瞑想でこの中を動き回ります。卒塔婆の知識を復活させました。これは日本仏教において歴史的な出来事です。各部の詳しいことはそれぞれを見てください。

 では。

(2021/1/15 全面的に修正)