瞑想の段階

初心者の瞑想から高度なものまで、網羅します。不安障害やパニック障害、薬物による不安を下げる瞑想もあります。

瞑想の段階 イメージ画像

瞑想の段階

私は大阪の瞑想の達人です。今回は、管を説明します。11月に大幅に修正しました。これで使えると思います。 管とは何でしょう? 瞑想でいろんなことをする時、壁を刺激します。刺激する壁の位置によって、できることが違います。実は、視界の右上、右下、左上、左下を刺激
『管とは』の画像

私は大阪の瞑想の達人です。今回は、部位を説明します。瞑想の謎を説いてゆきます。瞑想はもはや秘教ではありません。瞑想空間 目をつぶると、瞑想の空間に入ります。ふつうの人は真っ暗です。これはわかりやすく色付けしています。そこから、上下、前後の部位に入ると、目
『部位 - 瞑想空間とは』の画像

 私は大阪の瞑想の達人です。今回は、段階のテーマを感じる方法を説明します。 今回は最も初歩的なこと。段階のテーマを感じ、意識する方法 なぜこれが必要でしょうか? 高い段階だが、そのテーマをまったく知らない人がかなり大勢いるからです。また段階の後半は真っ暗
『段階のテーマを感じる』の画像

私は大阪の瞑想の達人です。 今回は、段階ごとに見える「仏(守護霊)」を説明します。これが見えるようになると、曼荼羅が仏だらけになります。 仏教は「仏」の教えというほどに、仏を大切にします。瞑想で仏を見ることは、殊の外、仏教では大切です。どうやって、瞑想で仏を
『仏を見る瞑想』の画像

 私は大阪の瞑想の達人です。 今回は、瞑想空間で、部位の中に入る方法を学びます。瞑想空間 瞑想して、目をつぶると真っ暗な世界が見えます。正面はやや明るく見えます。そこは、心の中です。それは、瞑想空間のやや後ろです。実際は、瞑想の達人達は、目玉の位置から心を
『部位の中に入る』の画像

↑このページのトップヘ